« 北旅 11 | トップページ | 北旅 13 »

2011/08/30

北旅 12

:

A2q

:

ひとり 歩く

観光目的の駐車場を出て少し登ると
脇道の奥、木立の中に峠の看板を見つけた.
それは道標としての標識だ.

地図を頼りに旅をする.
その時々に頼りとした標識.
ちょっと懐かしい気分に浸る.

:
:

A9q

:

あの頃・・・
北海道ではルートを外すと
未舗装は当たり前だった.

タイヤに弾かれた無数の小石が
勢いよくフェンダーや排気管を叩く.
多少の横滑りなど気にならない.

それぐらい長いながい道のり.

:
:

A7q

:

ご褒美は目の前に

:
:

A1q

:

ガイドブックに載っている
風景もいいけど、

自分で探す旅の手掛かりは
どこにでもある.

:

諦め顔で待つ家族のもとに
足早に戻りました.

:
:
:
:
:
:


|

« 北旅 11 | トップページ | 北旅 13 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北旅 11 | トップページ | 北旅 13 »