« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/27

:

Agg9

:
:
:

Agg8

:

こんな気持ちのいい空は
久し振りのような気がしました

:
:
:
:


| | コメント (0)

2011/06/26

どん

:

Agg5

:

バイクらしい排気音にコーナへと視線を向ける.
車の陰に隠れたバイクが唸りをあげて通過した.

振り向いたら・・・もう車を抜いている.

事故るなよ・・・ちょっと気になったのでした.

:
:
:
:


Agg4

:

きょうは気持ちのいいお天気でした


:
:
:
:
:


| | コメント (0)

2011/06/24

あじさい寺の

:

Asdf10

:
:
:


Asdf5

:
:
:
:

Asdf6

:
:
:

Asdf8

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

裏山の

:

Asdf3

:
:
:

Asdf13

:
:
:

Asdf12

:
:
:

Asdf4

:
:
:

あじさい寺

本光寺にて
:
:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

:

Asdf1


:

あれれ?そういえば
白い紫陽花ってあったっけか?

最近の園芸品種なのか
もともとあったのか、

少なくとも
自分の中の紫陽花には
白はなかったなあ.

いつごろから見かけるようになったんだろ?

:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2011/06/23

その向こう側に

:

ちょっとだけ電気を消して・・・
「100万人のキャンドルナイト」

街のど真ん中、総合病院の跡地で
イベントがあると知る.
今は移転してしまった母校の近くだ.
校舎はちょっと前に小学校に建て替えられた.

:

Anjo4

:

せっかくだから
遠くに車を停めて、
てくてく歩いてみると

あの路地裏の喫茶店は・・・なかった.
まあ覚悟はしてたんだけどね.

それでも
かすかな記憶の向こう側に、
のっぽなマンションの足元に、
ぱらぱらと面影があるような気がして、

てくてく てくてく

とうとうキャンドルナイトには
行きそびれたのでありました.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2011/06/20

あじさい 2

:

Ayy3

:
:
:

Ayy2_2

:
:
:

Ayy16

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

あじさい

:

Ayy4

:
:
:

Ayy17

:
:
:

Ayy15

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

水辺の紫陽花 2

:

Ayy1

:
:
:

Ayy14

:
:
:

Ayy11

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

水辺の紫陽花

:

Ayy6

:
:
:

Ayy13

:
:
:

Ayy7

:

蓮の花が
次の出番を待っています

:

デンパークにて

:
:
:
:

| | コメント (0)

2011/06/18

タマ

:

Adfg1

:

歩いているだけで
可愛かったタマちゃん.

最近、撮ってないなあ・・・
タマは今日も寝ております.

:
:
:


| | コメント (0)

おさかな

:

Aza1

:

お魚
好きですか・・・・
と言ってみる

:
:

Aza2

:

・・・・

どもども
起こしてスマヌ

:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2011/06/08

同窓会 2

飲めないけどね、
話は聞ける

:

70

:
:

「もう娘は27になります」
彼女はちょっと誇らしげだった.

「旦那はひとりでお留守番ってね」
その台詞、様になってきちゃったね.

「お前なあ犯罪だろ、奥さんナナコ下!」
今となっては
そうそう違いはないと思うぞよ.

「ワタシの息子さあ、秋田に行っちゃった・・・」
そのうち帰ってくるって.
飲め飲め・・・飲んじゃえ・・・

「娘が午前さま、三時に帰ってくるんだよ.
それでガツンって・・・言われるのよ
オトコがよくて、オンナが悪いってどうなのって」

あちゃ~育て方、間違ったでしょ?
とは思ってない・の・ね.
目尻が下がりっぱなしですやん.

「ねえ、乗ってる?」
バイク乗ってます

「大型、取ったよ」
またまた・・・
息子と張り合ってどうする、お母さん.

「こんど、一緒に走ってよ・・・」

あの日のように、また走ってみる・か・

明日になっても
覚えているかは
疑わしいけど

:
:
:
:
:

:
:
:

| | コメント (0)

2011/06/05

同窓会

渡された名札の隅っこに記してあった.
A組17番、
あれれ?A組だったのか・・・
嘘みたいなホントのお話.
自分が何組だったのか
曖昧な記憶しか残っていなかった.

:

50233

:
:
:

中学校の同窓会.
その当日、間際になって
急に行きたくなくなったけどね、
「・・・・行ってこれば・・・」

子供の言葉に背中を押されて
ギリギリの時間に
やっとこさ会場に辿りついた.

面影のある人、ひと、ヒト・・・
女性がいっぱい!!!

男はどこじゃ?

隅っこにパラパラといるにはいるが・・・

当たり障りのなさそうな
田舎暮らしの長男風情が
いるいる.

なるほどなあ.

不良と呼ばれた
悪かった奴等が見当たらない.

成績優秀、スポーツ万能タイプもすっからかん♪
みんな欠席なんだなあ.
顔ぶれは中間層ってことか.

女性はなんだろうね.
子育てが終わった子が多いようで、
社会的な責任とか役割とか

今が盛りと荷物を山のように
背負っちゃった男どもとは
ちょっと背景が違うのか?
人生50年って微妙だよなあ.

・・・とかなんだとか
そんなアホなことを思いつつ
ボンヤリしてたら

「あっ、来た!」
「おっ、出た!」
「よかったわあ、会えて」

オバケじゃあるまいし・・・
まあ当たらずとも遠からずではありますが・・・
申し訳ない、

「あんた・・・誰だっけ?」の連発.
わらんもんはワカランのじゃ.

お池の鯉よろしく
パクパク パクパク
声が出ない、息苦しい・・・

喉の奥から空気を絞り出すようにして
記憶の糸を手繰る.

マジで最後までもつのか、
心配になってきたのでした.

:
:
:
:
:
:


| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »