« 黄昏 | トップページ | 1.4/85 »

2008/10/05

たき火

A95

水蒸気をたっぷり含んだ白煙は
立ち昇るというよりも、
ぼんやりと辺りに漂って
懐かしい匂いがした.

そうなんです、
昔は田圃で土管を煙突にして籾殻に火を焚きつけ、
どんどん籾殻を積み上げ小山にし、
一日かけて炭化させたんです.

運がいいと焼芋にありつけたりね.
(炭化した籾殻は火鉢の燃料になり、
お正月にはお餅を焼いたりしたんです)

今時は家庭ごみの殆どが石油製品だから、
庭先で燃やされた日には、
黒煙とともに、嫌な刺激臭が鼻をつく始末で、
ご近所迷惑も甚だしく・・・ ・・・

何より、防火、環境問題の観点から
たき火はすっかり影を潜めてしまいましたよね.

あっ、そういえば昔は
小学校の校庭には焼却炉があって、
じゃんじゃん教室のゴミを燃やしてましたなあ.
いつ頃から燃やさなくなったのかな?
ちょっと覚えがありません.

:
:
:
:
:
:

|

« 黄昏 | トップページ | 1.4/85 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄昏 | トップページ | 1.4/85 »