« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/29

夢の

10

:

もう電車とは呼べない気がする.
これ以上、速いことに意味があるのだろうか.
ちょっと違うなあ・・・ ・・・
物理的な移動手段は、そろそろ限界じゃないのか?

:
:
:
:

12

:

エンタープライズ号の転送装置とか(知ってます?)
瞬間移動とか・・・何を馬鹿げたことをと叱られそうですが、
それぐらいの産業革命でもないことには、
温暖化やエネルギー不足は解決しない気がするんです.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/24

発色

C87

α使いの方の発色に感化されて
レベル補正であの印象に近づけてみる.
手持ちの機材でこの色を撮ったことがない.

カメラ側の設定を変えれば可能なのか?
RAWで撮って自在に変えればいいのか?
ここまで違うと撮ったというより、
レタッチなんだと思ってますが
・・・違うのかな?

さてさてフルサイズ機も含めて、
秋のカメラ市場が面白そうですね.
楽しみたのしみ.

:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/23

梅雨 2

C81

雨にもマケズ

:
:
:
:

C88

風にもマケズ

:
:
:
:

C75

少しぐらい嫌われたって

:
:
:
:

C77

これがあれば大丈夫!なんだって.

ひとつも見つかりませんでした、トホホ.
大人には見えないってか?

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/21

梅雨

C71_2
:

ぽつぽつと降ったり止んだり、
体感湿度100%のウォーク・ラリー.

:
:
:
:
:
C67_2
:

人がやっと通れる路地裏をゆく.
車では気付くことのない勾配だった.
この辺りを城山と呼んでいたことを思い出す.

:
:
:


C69
:

のんびり ゆきましょ、
街の史跡を訪ねる学校行事.

:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/19

迷子のノラ

C56_3

どこいくん

:
:
:
:

C60

ついてくんなって

:
:
:
:

C57

ねえねえ・ねえ
どうすんの、あの仔

:
:
:
:

C55

喰っちゃえば

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/18

なぬ

C54

こちょこちょ・・・ 
ぐりぐり・・・

:
:
:

C53

んんん?

:
:
:

C52

先っちょ動くじゃん!

とか思ってんだろうなあ.

:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/17

撤回

明日に控えた修学旅行.
結局、彼の単独自由行動は実現しなかった.

見学先の確認作業に時間が必要なのか、
行動予定やグループ分けは中学二年の学期末に決められた.
だれも彼の目的地に賛同するものはなかったが、
学校側はあの時点では許可を出したのだ.

C47

しかし学年主任が新年度から転勤となるや、
事態は一変したらしい・・・
担任は二年から持ち上がりだったから、
彼のバックアップは学年主任だけだったのかな?
それとも担任ひとりだけでは
単独行動への反対意見に抗えなかったということか?

まあそんなことはどうでもいいさ.
知ってほしいのは、彼はひとりでプランを立て、
先方への申し込みも最後までやり通したということ.
たった一本の電話だが、そりゃ勇気がいるだろうさ.

「なんで駄目なんだ?」
学年主任が居なくなったからとしか彼は応えない.
ちょっと悔しそうに唇をかんだ仕草が、
なんとも辛いなあ・・・

学校でいったい何が起きたのかな?
ひとことでいいから説明があっても
いいんじゃないの、関係者の皆さん.

まあ東京のアノ事件だとは
思いませんが・・・

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/16

取水

分流された水は隣のポンプ場で整流されて、
土中の管水路を経由し、この地域一帯の水田を潤す.
それは敷設された専用の蛇口を捻って、
田圃に水を引き入れるということ.
今時の田畑を巡らす用水路は、排水のためだけに
その役割を担っているかのようだった.
:

C46_2

この水は20km以上も上流で取水され、
一切の生活排水が流入することなく、
この下流域の農業地帯に回されている.
その発端は純粋に水不足の解消を願うものだったろうし、
農業の振興と効率化を目指してのことだったろう.

しかし 今となっては
都市化の波が押し寄せる街の河川は、
とうの昔に排水路としての役割しか担えないのが現状で、
それを見越しての投資だったのか?とさえ思える.

どちらにしても飲み水どころか農業も、
その水資源は上流部の水質が頼みの綱で、
下流域の農業地帯は、このままでいいの?と不安になった.

さりとて 饐(す)えた臭いのする、
直ぐ隣を流れる街の河川から取水しての農業を、
今更、誰が想像することができましょうや.

食糧自給率の低下が取りざたされて久しいのですが、
その根は実に深いなあと思うのです.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/14

Woodpecker

C42

頭上から小気味好い音が響いた.
トタタタタッ、トタタタタッ
木を叩くその主を探る.
目を凝らしてやっと見つけた野鳥は、
スズメ程の大きさだった.

慌ててレンズを替えて狙うが・・・
この後姿だけをのこして行ってしまいました.
たぶんコゲラだと思います.
お顔はまたの機会に.

:
:

デザイン変更
そろそろ区切りと致します(ちょっと弱気)
シンプルにと心掛けましが・・・
ゴテゴテになっちゃいましたね

:
:
:
:
:


| | コメント (0)

2008/06/11

腐敗臭

C40_3

風通しのいい日陰に吊るせば日持ちのする玉葱.
我が家にとって、じゃが芋と同様に
欠かすことのできない食材だ.

巷ではトマトが食中毒の原因だと騒いでいるけど、
生鮮食品の広域流通を過信してはいけないということか.
まあね、どんなに冷凍冷蔵技術が発達しても、
利用する人々の食中毒への認識不足は相変わらずなのかな?

それにしても・・・
今時の公衆衛生への過剰とも思える意識の高まりは、
生き物としての生存本能を、少々、マヒさせてはいまいか?
賞味期限も大事だが、食品そのものの腐敗加減を、
ちょっとは体で覚えることもイイ気がして
(滅茶苦茶だべ)
・・・冷蔵庫のヤバそうな食材を
フライパンに放り込むのであった.
(なんのこっちゃ)


なんとか生きてます.


追記:
ココログでも画像のヨコサイズを大きくしてアップできました.
いやあ・・・いろいろ試してみるもんですね.

:
:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/10

夢中

C38

なあ、キャッチボールしないか.

三回に一回はいい返事が返ってきます.
あ~よかった?ってか.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/09

めんち 2

C35

ついて来ないで

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/07

めんち

C32

お前達は本当に猫なのか?
取り立て屋かと思ったぞ.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/06

真っ黒

Tama8_3

:

アップ出来る画像の最大横サイズに不満があって、
(あと50ピクセル欲しいぞ)
exciteへの引越も考えたけど・・・止めました.

まあね、アチラ様のスキン設定に嫌気がさしてのこと.
そのへんに興味が出てきたら引越します.

とうとう真っ黒けのブログになってしまいました!
でもでも、今後とも宜しくお願いします.

■□□ 6・21追記 □□■
横サイズも自由に設定できました.
タイトルバックのアレンジも終了.
真っ黒より文字が読みやすくなったかな.

写真も大きなサイズでアップします.
過去にアップした画像とのバランスはチグハグですが、
ご容赦くださいませ 

:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/05

マイ・バック

「レジカゴ用のマイバック以外は、ご自分で詰め替えて下さい」
いつものスーパで、こんな張り紙を見つけてしまった.
:
C30

我が街の自治体もレジ袋有料化へと踏み出した.
するとまあ、いろいろと課題が出てくるんでしょうね.
レジ係りさんのイライラ感が伝わって参ります.

レジカゴ専用買物袋(市販品)の登場で、
スーパのレジ係さんは〝詰め合わせ〟まで引き受けるのだから、
あまりいい気分ではないだろうと思うのです.

食材は温冷、硬軟、凸凹なんでもあり.
総菜の汁漏れとか、匂い移りとか・・・
自己責任の部分が曖昧になりそうで、
お客さんのクレームが増えたら、
嫌だなあって思ってます.

だって自分は大助かりなんです!
今までのセルフによる、
後からレジ袋に詰め替える作業は無駄というより、
とても済まないなあと思っていました.
いつも奇麗に詰めて頂いておりましたから尚更です.

「如何なるマイバックであっても、
ご自分で詰め替えて下さい」

こんな告知がありませんように.

そして会計では、
〝お願いします〟という声を添えて
マイバックをレジカゴに広げています.
これホントに助かってるんです.

C27_2

:
:
:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/02

晴れ間 3

嵐のような天気のあとは、
覗く晴れ間の瞬間が面白い.
何かが空にひそんでいそうです.
:

16
レタッチ(自動レベル補正)で得られた画像は、
ときとしてドラマティクな演出をする.
元画像は透明感のない白っぽい画像.
最初っからこのイメージで撮りたいのだけどなあ・・・
フィルターが必要なのかしらん?
やっぱり技術が足りないなあ.
また挑戦します.
:
:

C26

これは昨年の今頃に撮った写真(トリミングのみ)
こういう瞬間に出会いたくって、
嵐が過ぎるのを待っています.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

2008/06/01

Caramella

この季節、最後の薔薇.
秋にまたお会いしましょう.
問題はそれまでの管理なんですけどね.
病気に害虫・・・カミキリ虫には懲り懲りです.
:
701

:
:
:


13

:
:
:

15

:

野薔薇のロサ・カニナがあるけど、
養生中にて今年は咲かないかも.
挿木で何とか世代交代できないかなあ.

カミキリの被害にあったのは、
アルバ・マキシマ、ロサ・カニナ.
そして今日、
ブラッシュ・ノアゼットの葉が枯れ始めました.
木屑が株元にあるので限りなく怪しい!

明日は晴れそうなので、
点検です・・・
間に合うといいのですが.

:
:
:
:
:

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »