« 自分でつくる | トップページ | 晴れ »

2008/02/07

迷子

「だあああ、帰ってこれたぞ」
まるで漫画の吹き出しにある台詞のようだった.
頬は紅く染まり、頭の天辺からは
ポッポと湯気があがっている.
:

C317

:
よくよく話を聞いてみると、
友人宅からの帰り道、
すっかり迷子になってしまったのだとか.
:
:

遠目ながら我が家からも見える
大型ショッピングセンターの屋上看板.
それを頼りにしたらしく、
颯爽と自転車をこぐも・・・
あれれ、看板はイズコ?
行けども行けども見えませぬ.
いつしか道は住宅街を離れ農道へ.

ひゅうううううううううううう

刺すような向い風と迫る宵闇に
心が折れそうになりながら、
コンニャローとペダルを踏み抜いた
・・・そうです・・・たぶん.

心細かったろうなあ、少年.
(ちょっと笑ってしまってスマヌ)

兎に角!
我が家とは反対方向に行っちゃったようです.
彼の通う中学は二つの学区(小学校)から成り立っている.
交友範囲が広くなってゆくと・・・
こうした事態もありうるのでありました.

それ以来、学校の方向を尋ねてから
友人宅を後にしているようです.
:
:

しかしなあ・・・

「電話しろよ」

「どこにあるの?」

公衆電話は・・・んっ?

携帯、そろそろ必要かもね.

:
:
:

|

« 自分でつくる | トップページ | 晴れ »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分でつくる | トップページ | 晴れ »