« 観覧車 | トップページ | 歩く »

2008/01/15

待ち人

先ずは玄関口、
その手入れのよさに唸ってしまう.
水路は淀みなく流れ
枯れ葉一枚、落ちていない.
:

C297

:
:

それは晩秋の頃、休館日に訪れて、
思わぬ収穫とともに気づいたこと.
:
:
C202

木の葉が舞い、
小路は枯れ葉でいっぱいだった.
石垣と紅葉、水面と落葉の様を嬉々として撮った.
思えばそれが当たり前の風景だった.

:
:
:


C298
photo day 2006/11

しかし通常は勝手が全く違う.
日本庭園を丁寧に造り込んでいるこの施設は、
何度もなんども根気よく清掃を繰り返し、
侘び寂びの演出に繋げている.
:
:

C294_2
photo day 2008/1

:
:

晩秋に撮った柿と背景の日本家屋.
あの柿の木は実りの秋を想定して剪定、管理されていた.
そして今、紅葉を上手く残し配置したこの玄関口に、
あのときと同じ心地好さを感じた.
:
:

C296


自然が創るありのままの姿と、
人が創造する観念の世界.

その良し悪しはわかりませんが、
この施設を管理する人達の
真心が伝わる気がしました.

:
:
:

|

« 観覧車 | トップページ | 歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観覧車 | トップページ | 歩く »