« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006/09/27

彼岸花

白と赤の彼岸花を撮る.
秋なんだなあと思う今日この頃です.

Higan1
*istDs  FA*24mm f2 開放

この広角レンズはボケがつくれて寄れるのが嬉しい.
このレンズ、やっぱり凄い.

Higan5_1

白の彼岸花.
なかなか好い姿です.
:
:

見上げると筆柿があった.
熟すまで もうちょっと.

Kaki
FA135mm f2.8 

このレンズも使いやすくって写りも良い.
手に入れたときEDレンズだと教えて頂いたけど、
強ち嘘でもなかろう?と思ってます.
FA*24といい中古でしか手に入らないのが惜しい.

| | コメント (0)

2006/09/24

とまり木

なんだか梢にとまる小鳥のようで面白い.
担任の先生が何度も座らせるんだけど、
その効き目も虚しく・・・競技の出待ちの度に、
わらわらとやって来ては登っちゃうのでした.
:
:
Undou6
*istDs sigma18-200mm
:
:
ここからの風景は去年も撮った.
ちょっとお気に入りの場所となりそうです.
:
:
Undou5
:
:
:
Undou7

| | コメント (0)

2006/09/23

騎馬戦

大人参加のこの競技は五、六年生合同だった.
まあ始まる前は子供達が主役じゃん・・・とか
いやはやもう若くもないしねえ・・・
な~んて言っちゃってる大人達なのさ.

Undou1

そう、誰しも余裕の表情なんだけどね.
そいつが一回戦が終わった頃には、
許せねえ!みたいな事になっちゃうから面白い.


Undou4

僕も去年、一昨年とあの激戦を経験したけど、
やっぱり見てる方がいいわ.


| | コメント (0)

2006/09/16

コンバインの在るところに鷺の群れ.
田植の季節もそうだけど、大型機械の後追いをする.
慌てて逃げ出すカエルや昆虫を狙っているのだろう.
実りの季節となりました.

Sagi13
FA*200mm f2.8 ED + A2X-L

『間もなくコンバインが通過しま~す.
カエルやバッタにご注意下さい』

Sagi16

リアコン使用でもまだ距離が足らない.
いずれにしても手持ちが厳しい焦点距離です.
なんとか窓枠使って頑張りました.
手ブレ補正がとっても気になります.
追記:
画像を入替、トリミング小+レベル補正(photoshop)

| | コメント (0)

2006/09/13

poque

「poque.swf」をダウンロード

| | コメント (0)

2006/09/11

薄い

机にあった小さなキリンの民芸品は
万博のお土産、頂き物だった.

Kirin
M50mm f1.4

なんだかずっと前の出来事に思えるから不思議だ.
昨年の今頃に閉幕したんだよなあ.
感覚的には二、三年前のようなのです.
記憶がどんどん薄くなってゆく・・・ちょっと怖い現実です.

| | コメント (0)

2006/09/05

晩夏

水彩画のような淡い色調に早朝の清々しさを想う.
目に留まったのは朝顔だった.

Asa2


近頃はすっかり朝晩、涼しくって、
秋の気配を感じるのだけど、
このひんやり感とは違うあの清々しさを
ちょっとだけ懐かしもう.
夏を惜しんで写真の整理をしたのです.


Asa3_Asa12_Asa14_1
*istDs FA*200mm f2.8ED(右、左)、FA135mm f2.8(中)

お好みの朝顔はありますでしょうか.

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »