« ごはん粒 | トップページ | 雨後の »

2006/05/04

ダイヤル式

■銀塩カメラの中古を買った.
現在ある*istDSに不満はない.
手持ちのレンズをあれこれ試したいのひと言に尽きる.
すっかり虜になったのは単焦点レンズだった.

このメーカは独創的な焦点距離だと云った.
しかし、俄かファンの哀しさで、さっぱり実感が湧かない.
だって*istDS(デジタル)に付けると、
約1.5倍の焦点距離になるからだ.

そりゃ無理だよ.
焦点距離31mmはちょっと広角でヘンな距離だなあと思ったさ.
しかし、デジタルだとキッパリ標準レンズ:47mmだ.
手持ちの43mmは66mmのほぼ中望遠になってるし、
最も気になっている77mmに至っては、118mmですぜ.
立派な望遠レンズじゃありませんか(違ったらスイマセン)

っで *istDSのような、ガラス・ペンタプリズムの
見やすいファインダーを持ってる銀塩カメラ.
今更だけどね・・・
カメラの勉強になりそうな機種はどれ?
・・・ ・・・MZ-3となりました.

Mz32_3

■露出補正やシャッタースピードもダイヤルだった.
絞りはレンズをガキガキ回して絞り優先モードを試す.
操作では、MZ-10のようなAUTOやシーン別は無い.
しかし、決して難しいという印象ではなかった.

敢えていうなら マジメな感じで、
機械を「いじる」という操作感が心地好いダイヤル式.
ひょっとして自分のメイン機になる?
そんな事も本気で思わせる良いカメラです.

■さてGWは、単焦点レンズ31mmと43mmで撮っている.
にしてもフィルムって絵が仕上がるまで時間が必要で、
アップしたいけど・・・気持ばかり先走ってしまいます.
何より手当てが必要なのは心の余裕かもしれません.

Mz31_2

そうそう、この中古(そんなに古くない?)、安いと思いました.
カメラ市場はそういう時代なのでしょうか.
一眼レフなのになあ・・・ 

|

« ごはん粒 | トップページ | 雨後の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごはん粒 | トップページ | 雨後の »