« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/23

好きな風景

この公園のほんの一部ですが、
やっぱり見応えがあります.

St1
__________________________________________________________________________________________________
*istDS & FA*200mm F2.8 ED[if]

■好きなものを撮る~幸せな一日でした.
宜しければお時間のある時にでも.
↓↓↓このブログ内のアルバム
●公園へ(DEN PARK) >>>

そうそうアルバム写真にコメント等を記載したいのですが、
表示順序が変わってしまって・・・写真のみです.
このブログ、今でもよく分かりません (><).
・・・さて次はどこ行こうかなあ♪


-------- 5/26  PM22:00 -----------
■アルバムにコメント追加.
ほぼ呟きレベルなんですけどね.
使用レンズも記載しました-ご参考になれば幸いです.
______________________________________________________________________________________________________________________

■↓↓↓目的はここ:公式HPより抜粋(安城デンパーク)↓↓↓
【秘密の花園】
イングリッシュガーデンのスタイルのひとつ、「アウトドアルーム」の技法を用いた花園です。 5つの小部屋に分かれ、イエロー、ピンク、ブルー、レッド、ホワイトの同系色の花を組み合わせ、宿根草を主体に百数十種類の花々が植え込まれています。その名称はF.H.バーネットの小説「秘密の花園」から名づけられました。この庭は開花期が短い宿根草が主体のため、見頃は晩春から初夏にかけてとなっており、それ以外の時期は見栄えがしないこともあります。特に冬期(12~3月頃)は多くの英国庭園同様閉鎖されます。レンガ・ベンチ・噴水・彫刻などもイギリスから輸入した本格的なガーデンです。
_______________________________________________________________________________________________________________________

■今が見頃のイングリッシュガーデンです.
好きなスタイルの庭だけに、ちょっと宣伝させて頂きました (^o^)
近くを通る機会がありましたら気にかけてやって下さいまし.

| | コメント (0)

2006/05/21

晴れ

きょうもいい天気だ.
風が気持いいよなあ.
五月はいつもこれでお願いしたいので、
昨日の写真を連荘でアップ.

Bara99
---------------------------------------------------------
*istDS & FA43mm limited f1.9

風下に立つと甘い香りが漂います.
昆虫達がこぞって来ること来ること.
午前七時の風景です.

| | コメント (0)

2006/05/20

ぽかりんこ

今年、初めての薔薇を撮る.
レンズも初物:中古の M50mm f 1.4 だった.
強風の午後、DSにて手持ちでためす.

Bara102
--------------------------------------------------------
PENTAX *ist DS & M50mm F1.4

正直、これは難しいと思った.
ピントがシビアなんです、レンズが怪しい?
手ブレもありましょうが、ぽっかり、とろける風味となりました.
これはこれで雰囲気があって好きなんですけどね.
今まで記録として撮ってきたから、ちょっと違和感あり.

Bara104_1___Bara103___Bara052
----------------------------------------------------------
PENTAX *ist DS &M50mmF1.4、 FA43mm F1.9(右)

猫と庭史なので・・・
今日もこんな按配です.

Bara100

| | コメント (0)

2006/05/13

隣にある風景

トラクターの後追いを続ける アマサギ.
麦畑ではキジを見つけた.
何日も粘るとか通いつめて撮る?
いやいや、ちょっと寄り道して農道に入れば、
こんな風景が今でも普通に待っています.

Sagi1_1
*istDS sigma 70-300mm

いい環境なんだけど、もうこの景観も危うかろう.
目線を上げれば高層マンションが随分と増えたし、
なんと、このご時世に小学校は増設されちゃった.

賑わいのある街はいい.
しかし、この風景のある土地も大切にしたい.
そんな願いを込めて.

Sagi2___Kiji

下の写真は、ほぼ50m強の距離だろうか.
今日のような雨模様だと遭遇する確立は高い.
車中で待機すると、とことこ10m付近(上右写真)までやってくる.
案外、暢気な奴だったな.

Kiji4

追記:
少々、レタッチしております.あしからず.

| | コメント (0)

2006/05/11

はじまった

Tama8
*ist DS

「あんた、そこ邪魔だよ」
・・・タマが怒っている.たぶんそうだ.
この柱は天辺まで登る決まりだった.
毎回、勢いよく駆け込む姿勢も助走も同じだ.
ちょっと考え込んだ後は草むらへと一直線に姿を消す.

にしてもだよ、タマちゃん.
いったい何の訓練なのさ.
いい季節なんだけどなあ.
食べちゃ駄目だぞ・・・
トカゲとか鳥とか・・・困ったもんです.
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【追記】
この写真は頭を逆さにして見ると・・・
タマがこっちを向きます!視線が合う?!
ちょっと不思議な絵となりました.なんでかなあ.
お試しあれ.

| | コメント (0)

2006/05/08

こっちが本命?

中古市場はお値打ちだった.
調子に乗って買っちゃったのは16-45mmと念願の77mm.
これで PENTAX limited の3本が揃いました.

77lim
________________________________________________________________________________________________________
( FA 31mmf1.8 / 43mmf1.9 / 77mmf1.8 )

銀塩カメラ用に設計された個性的な焦点距離のレンズです.
写りの面白さはデジタルでも楽しめますが、
この焦点距離の美味しいところは銀塩にある?
そんな気がしてます.

中古のMZ-3(銀塩)に
77mmを付けて覗く風景が楽しい♪(←重症).
実に幸せなGWでした.

さあ仕事するぞ.
取り返さなきゃなあ-です.

| | コメント (0)

2006/05/05

雨後の

竹の子.
ぼこぼこ地面から顔を出す.
桜と同時に上ばかり観ていた毎日なんですけど、
また足元に目線を戻す季節がやってきました.

Takenoko
Pentax MZ-10

まあ相変わらず見上げてますけどね.
いろいろと厳しいなあ.
姿勢が?いやいや・・・技の問題なり.

追記:撮ったのは先月です.
アップできるのは銀塩カメラ、MZ10の画像のみ.
MZ3?失敗しちゃって・・・これぞ一眼銀塩カメラ?
浮かれポンチの自分には丁度いい薬となりました.
・・・ ・・・正直、ちょっと凹んでます・・・負けないぞ.

| | コメント (0)

2006/05/04

ダイヤル式

■銀塩カメラの中古を買った.
現在ある*istDSに不満はない.
手持ちのレンズをあれこれ試したいのひと言に尽きる.
すっかり虜になったのは単焦点レンズだった.

このメーカは独創的な焦点距離だと云った.
しかし、俄かファンの哀しさで、さっぱり実感が湧かない.
だって*istDS(デジタル)に付けると、
約1.5倍の焦点距離になるからだ.

そりゃ無理だよ.
焦点距離31mmはちょっと広角でヘンな距離だなあと思ったさ.
しかし、デジタルだとキッパリ標準レンズ:47mmだ.
手持ちの43mmは66mmのほぼ中望遠になってるし、
最も気になっている77mmに至っては、118mmですぜ.
立派な望遠レンズじゃありませんか(違ったらスイマセン)

っで *istDSのような、ガラス・ペンタプリズムの
見やすいファインダーを持ってる銀塩カメラ.
今更だけどね・・・
カメラの勉強になりそうな機種はどれ?
・・・ ・・・MZ-3となりました.

Mz32_3

■露出補正やシャッタースピードもダイヤルだった.
絞りはレンズをガキガキ回して絞り優先モードを試す.
操作では、MZ-10のようなAUTOやシーン別は無い.
しかし、決して難しいという印象ではなかった.

敢えていうなら マジメな感じで、
機械を「いじる」という操作感が心地好いダイヤル式.
ひょっとして自分のメイン機になる?
そんな事も本気で思わせる良いカメラです.

■さてGWは、単焦点レンズ31mmと43mmで撮っている.
にしてもフィルムって絵が仕上がるまで時間が必要で、
アップしたいけど・・・気持ばかり先走ってしまいます.
何より手当てが必要なのは心の余裕かもしれません.

Mz31_2

そうそう、この中古(そんなに古くない?)、安いと思いました.
カメラ市場はそういう時代なのでしょうか.
一眼レフなのになあ・・・ 

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »