« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/24

はんぶんこ

今日も仕事かと聞かれ、ただそうだと応えた.
土産に持たせてくれたのはチキンナゲットだ.
いい匂いがした.まだ少し温かい.
・・・急いで帰ろう.
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
なんの衒いもなく「メーリー・クリスマス!」と叫ぶakira(次男).
正直、聞いてるこちらは気恥ずかしい.
子供の頃は誕生日を祝うという習慣がなかった.
勿論、ケーキなんか無かったし、
あの祝いの歌なんか死んでも歌えない.

だからその延長線にあるクリスマスも同じだった.
こうした行事が良い悪いじゃなくて苦手なんだ.

仕事の用事で立ち寄った.
姉は今日も仕事なのかと言った.
ちょっと笑って持たせてくれた大きな箱.
大きさに見合った重さじゃなかった.
・・・今でも心配かけてます.


|

2005/12/23

雪道

あんた簀巻きになったのか?
上気した顔に赤く火照てる頬.
正面も横向きも同じ太さになってるし、
口を開くと湯気が出てるような感じだった.
はちきれそうなコートは黒色で、
幅広のベルトは干ぴょうみたいだぞ.
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
setudou1


四輪駆動に雪道専用タイヤ.
なのに駅から我が家まで1時間が必要だった.
普通なら車で15分の距離だ.
その前に名古屋駅から1時間20分の乗車時間.
これだって30分もかからない.
通勤時間が、これだけ掛かってしまうと妙な達成感でもあるのかな.
〝参ったまいった〟を連発する彼女は、ちょっと楽しそうだ.

左折しながら勾配を駆け上がり車庫入れをする.
最後のひと手間だけは呼び出された.
四駆は有り難い.
苦もなく登り定位置に納まる.

昆布巻になった彼女は、湯気を立てながら
ぴょんぴょん跳ねるようにして喋っているんだけど・・・
僕はハンドルを摩り、ボンネットの雪を払い、
「よく頑張ってくれたなあ」と車に声を掛けているのでした.

|

2005/12/16

円環

「〝円〟〝環〟で考えたらどうだろう」
こんな記事を見た.
未来の量を気にしていたからなのか?
このタイミングの良さにマジマジと読んでしまった.

人生を直線で捉えると、
現在を基準にして過去と未来の量が見渡せる.
減り続ける未来の量に一喜一憂するよりも、
現在にもっと比重を置こうということか.

環なら現在が終着でもあり出発点でもある.
人生はグルグル回るのかあ・・・ ・・・
少し気持ちが軽くなった気がする・・・のか?

なんとなく理解できるけど、
それはそれで疲れそうだ.
まあ、一期一会ってことで納得しよう.
まだまだ未熟者で御座います.

|

2005/12/11

未来の量

〝ある時から人は過去をふり返る量が多くなる〟
上手いなあと感心する.
年齢から推し量る分岐点とするなら
避けられない現実的な話でもある.
また心のありようで何とでもなってしまう、
精神的な分岐点ともとれる.
どちらにしても過去の量は
増えるばかりで減りはしない.

なんだか年寄りくさいのだけどね.
今まで未来の量を増やそうなんて思った事はない.
改めて冒頭のフレーズに出会い、ドキリとしてしまった.
だから何だ?と言われても上手く説明できないが・・・
また一年が暮れようとしているからなのかな.
何れにしても未来は夢や希望と相性がよさそうだ.


|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »