« チューの伝説 | トップページ | 見ちゃってごめんよ »

2005/01/30

短信メール

〝予選トーナメント突破〟
〝決勝です〟

着信メールは簡素なものだった
それでも少年達の頑張りは、
ちゃんと伝わってくる

ちゅうか、これって快挙なんです
我が剣道クラブで男子が決勝まで進むなんて、
前代未聞の大事件だったんです
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

■市主催の剣道団体戦があった.
お兄ちゃんは中堅.
昨年の団体戦三位の我が剣道クラブなんですが、
個人戦では勝ったり負けたりの繰り返しで、
今ひとつ成績がパットしないのが長男でした.

対戦相手の力量に合わせた剣道をしてしまう.
六年生とあたるなら、それは伸びのび試合を運ぶのです.
正直、勝つときは上級生相手が多いから不思議です.

〝僕より上手いから〟これが試合後のいつものコメント.
最悪なのは同レベルか、ちょっと格下.
いきなり場外負けのポカ・スカ・タンな奴なんです.
自分の剣道が出来ない.手抜きとは違うのです.
これが〝自信〟というやつ.

■さて、その我がクラブは五年二名、六年三名の
構成で団体戦に参加(因みに学区も別々なんです)
相手のクラブは練習量も多い、強豪ばかり.

自信さえ持てれば勝つことが出来る.
そう言って家から送り出したのですが、
いい仲間に恵まれたんだなあ、きっと.

〝優勝しました〟
やっぱり短いメールなんだけど、
後から、その時の様子をお聞きすると、
五人肩を抱き合って、飛び跳ねたそうな.
輪になって ぐるぐる回ったそうな.
嬉しかったろうに.よかったなあ.

これで本当に自信が付いてくれるといいのですが.
この春からは六年生だもんなあ.

〝おめでとう〟 
僕も短くメールを打ちました.

ken1

|

« チューの伝説 | トップページ | 見ちゃってごめんよ »

子供」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チューの伝説 | トップページ | 見ちゃってごめんよ »