トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/31

晦日

小雪まじりの大晦日
夜には止んでしまうんだろうなあ

ひょうひょう びょうびょう
西風が強くなってきた

除夜の鐘かあ
びょうびょう ひょうひょう
遠くまで届くといいなあ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
neko4


「ほらほら、とけちゃうよ」
akiraが雪を見たがったから、
お店の軒下に雨宿りする.
みぞれ だった.それも特大サイズだ.

何度も両手を差し出して空を見上げる.
行きかう人が楽しそうに見上げてくれた.
タマもそうだったなあ.

さあ、年越そばを買いにいこう.

| | コメント (0)

2004/12/27

たこ焼きの事情

くるくる、かさかさ
嬉しそうに踊るたこ焼き

親子三人、並んで眺める
くるくる、かさかさ

おとうさん買おうよ
よし買おう

くるくる、ぴょんぴょん
踊る少年 たこ焼きみたいだ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

tako1
サンタが買い忘れた約束のプラモデル.
それを入れた袋が二つ.
長ネギが、にょきっと顔を出している袋がひとつ.

各々、買い物袋を提げてテナントのたこ焼き屋さんに立ち寄った.
三角巾の おばさんが手際よく焼いている.
バンダナじゃないのが少し嬉しかった.

七個入りを二箱お願いして、お金を長男に渡す.
一つはお爺さんへのお土産だと付け加えた.
あとは少年達に任せて、クルクル回るたこ焼きを見る.

「しょうが 食べれないよう」 akiraがぴょんと跳ねた
「そうだね こっちには入れないよ」
三角巾のおばさんはテキパキと詰めていく.
最後に外箱へ丸印を書いた.

「じゃあね お爺さんのは三角がいい」
面倒なことを言い始めた少年たち.
おばさんは 笑いながら 丁寧に三角を描いた.
上手に子供の相手をして頂ける.
目でお礼を言った.

わらわらと買い物袋が四つ、駐車場へ駆けていく.
家まで待ちきれない少年達は、自分たち専用の箱を開けた.
プラモではない.丸印が描かれた たこ焼きだ.

「僕たちは三個だよ おとうさんは一個」
どうやら分け前があるらしい.

「あっ、おとうさん 二個になったよ」
運転席から後ろを覗き込むと たこ焼きが八個ある.
ちゃんと言葉にしてお礼を言えばよかったなあ.
三角巾のおばちゃん ありがとう.

| | コメント (0)

2004/12/25

とんちんかん・イブ

クリスマス・イブの朝だった.
今日の晩ご飯は何かと聞かれる.
直ぐに気付くべきだったのに、
何の疑いもなく宣言した.

〝おでん〟

ちょっと嫌な顔をする者数名.
仕方がないなあ

〝餃子も焼こう!〟

どうだ、どうだと胸を張るが、もう後の祭り.

クリスマスかあ.
冷蔵庫のヤバそうな食材しか
思い浮かばなかったからなあ.
スマヌすまぬ.年越しには穴埋めするよ、少年.
ケーキと唐揚げで我慢してくれ.


oden

| | コメント (0)

2004/12/21

おしりバズーカ

味噌っ歯の彼が得意気に言い放つ
新兵器だともいった
しかし、残念ながら痛くも痒くもない

それでも確かに撃ち抜かれてしまった
ちょっとお腹が よじれそうです
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
飼い猫と少年
彼らの関係は、このひとコマに全てが詰まっている.
子供の頃を思い起こせば、自分にも心当たりがあった.

前足をつかんで踊った.
後足を持っては耕運機.(体育の器械体操 ワカルかな?)
挙句の果てには遊園地の旋回遊具よろしく
グルグル回す.
〝大車輪〟とかなんだとか.

osiri
〝おしりバズーカ!〟
なるほど いい関係なのかな.

でもなあ、タマちゃん.
そろそろ断ってもいいんだよ.

| | コメント (0)

2004/12/19

きみの名は

ケージの前から離れない少年二名.
そばには里親募集の張り紙があった.
正直、気持ちは犬に傾きつつあったのに、
欲しいほしいの大合唱.
それは五月初旬の頃でした.
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なんでしょうね.どう贔屓目に見ても、
鼻水垂らして、シャツ出して.お腹も出てるな.
まあ一昔もふた昔も前の出で立ちが似合う、田舎のボウズ達ですから、
目をクリクリさせて訴えてもなあ.と笑っちゃう.

ではでは、折角だから猫ちゃんを見てみましょう♪

んんんっ...
いいかも.ちょっと可愛いかも?うりうりしたいぞ.
あの仔猫の愛くるしい仕草は、もう求心力バツグンなんです.

その証拠に洟垂れボウズどもの目が、ピカピカ光ってるような.
テカテカではありませんぞ.それは洟だな.

まあね.
こんな按配にて我が家にやって来ました仔猫ちゃん.

さてさて、名前はどうする?
悪童に訊ねても要領を得ないようなものばかり.
〝ぽん〟〝ハチ〟〝てつ〟何だか犬っぽい.
〝チュー〟〝男爵〟もう滅茶苦茶.ハムスターでもないし雌猫だしね.

あれれれっ
仔猫はと見回せば、爺ちゃんが抱いている.
名前も付いている.否、呼んじゃってる.

そうです.語尾が裏返っちゃう呼び方.
〝たぁ ま ヨ~〟
猫=タマ.決まっちゃった.


cat7_2
あれから半年ちょっと
今日も何かを探しています.

| | コメント (0)

2004/12/17

さあ はじめましょ

さてBlogです.

実は自サイト herb Leaf が容量オーバを迎えてしまい、
もう一思いに引越しだ-と始めたのが 新サイト〝猫と庭史〟です.
(別の理由もあるのですが、詳しくは〝猫と・・・〟で)
だからサブタイトルに新サイトの名前を使ってます.

まあ旧サイトの二の舞を避けるべく、日記?雑記を Blog にしようと.
とはいっても、今までの雑記帳はスカスカで、
そいつが容量オーバの原因な訳ないんですけどね...まあ気分きぶん
このBlogはサイト〝猫と庭史〟の 気まぐれ雑記帳 です
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

問題なのは残ったサイトのコンテンツが趣味のオートバイだということ.
そのサイト名が ハーブリーフ じゃねえ.名前、考えなきゃなあ.

っていいましょうか、ドメイン名が herb だったりする.
浮気者には適当なドメイン名、暗号みたいなのがいいのですね.

rogo_herbtop2

↑↑↑いつの日にか復活させよう.
フラッシュで展開するパターンもある.
まあ簡単なやつなんですけど、愛着ってあるもんですね. 

| | コメント (0)

トップページ | 2005年1月 »